事業内容 窓・扉メンテナンス

  1. ホーム
  2. 事業内容 窓・扉メンテナンス

窓のメンテナンス

株式会社ハセガワは、日本で唯一多機能サッシの修理を専門に行っている会社です。

多機能サッシとは

  • ドレーキップ窓
    (内開き・内倒し窓)
  • ヘーベシーベ窓
    (大型引き戸)
  • キップシーベ窓
    (内倒し引き戸)
  • シュビング窓
    (横軸回転窓)
  • クーベルドレーキップ

    (クランクハンドル式・内開き・内倒し窓)

などの総称です。
これらのサッシは締り点が多く気密性、断熱性、遮音性などに優れております。


ドレーキップ(内開き、内倒し窓)

ドレー

ドレー(内開き)

キップ

キップ(内倒し)

操作方法:ハンドルを水平方向で開き、垂直方向で内倒しになります


ヘーベシーベ(大型引き戸)

写真3

大型引き戸

写真4

操作ハンドル

ハンドルを180度回転させる事により障子がリフトアップする引き戸


シュビング窓(横軸回転窓)

写真5

横軸回転窓

写真6

特徴のあるダルマヒンジ

横にある軸を中心に回転します。


パラレルシーベキップ(内倒し引き戸)

写真7

内倒し

写真8

引き戸

ハンドルの動作により内倒し、引き戸となります。


クーベルドレーキップ(ゲゼ・クランクハンドル)

写真9

クーベルドレーキップ

写真10

操作ハンドル(クランクハンドル)

カギにより、内倒しのみ制限をかけられます。

 

メンテナンスの必要性

竣工20年以上経過している物件はメンテナンスを行う時期に来ています。
日本市場に多く採用されている引き違い窓の単純な動きとは異なる為に、無理な動作により金具が破損することがあります。
定期的な窓のメンテナンスを行うことによりスムーズな開閉を維持する事も可能です。
マンション・商業テナントの退居時に点検・調査・調整を行うことにより入居後のサッシのトラブルを減少させることが可能です。

多機能サッシの部品の多数ストックにより閉まらない・開かないなど急なトラブルにも可能な限りご対応させて頂きます。
また、廃盤製品でも現地調査により対応可能です。詳しくはご相談ください。

対応メーカー

  • 山内サッシ㈱ 048-252-2370とシールが貼ってある窓
  • 住友ウォール、ニューウォール、東京レポール、日本レポール、昭和綱機、三協立山アルミ、LXIXL、不二サッシ、YKK、トステム、新日軽、YODAI、神鋼ノース、ニュースト、SCHUCO(シューコー)、G・U(グレッチ・ウニタス)、ROTO(ロトフランク)、HUECK(フック)、GEZE(ゲゼ)、ハルトマン、ENGELS(エンゲルス)

ブラインドインサッシ(ブラインド交換)

ブラインド交換前

ブラインド交換前

 
ブラインド交換後

ブラインド交換後

タイト材(気密ゴムの交換)

交換前

交換前

 
交換後

交換後

使用タイト材-色

使用タイト材一式。

止水テスト

止水テスト

気密・遮音・水密性が向上します

その他窓のメンテナンスサービス(調整器の交換)

交換前

調整器交換前

交換後

調整器交換後

他窓周り部品交換
戸車類

戸車類

開き位置調整器

開き位置調整器

アームストッパー

アームストッパー

引き寄せハンドル

引き寄せハンドル

カムラッチハンドル

カムラッチハンドル

すべり出しアーム

すべり出しアーム

たてすべり出しアーム

たてすべり出しアーム

クレセント

クレセント

上記の窓周り金物については、廃盤品・故障品の取り寄せリペアも受けつけております。ぜひご相談ください。


扉のメンテナンス

スチールフラッシュ扉(電気錠)

図18

 

ステンレス框扉(電気錠)

図19

 


ドアクローザー

扉面に設置し、扉を閉める装置。
故障をすると油が漏れ、スピードが速くなったり、閉まらなくなったりします。
通常の物から高いグレードの物まで種類が様々あり、グレードの高い物は、耐久性・閉じる力も高いため、電気錠の付いた扉に最適です。
また、品物によってトルク調整できる物もあります。

ドアクローザ

ドルマ
高性能ドアクローザー(トルク調整付)

ドアクローザ

ニュースター
ドアクローザー


フロアヒンジ

開き戸の軸側の床に埋込み、ドアの荷重を支え、開けられたドアを適切なスピードで、ソフトに確実に閉める装置です。
ドアの閉じるスピードを調整出来ます。ビル・マンション等のエントランス入口などに使用される事が多いです。

扉が閉まるスピードが急に速くなった、扉が引っかかってうまく開け閉めできない、異音がする、油が漏れているなどの症状が出てきた場合は、フロアヒンジが劣化・腐食しているなどの可能性があり、交換が必要となります。

フロアヒンジ

施工前

フロアヒンジ

施工後


ピボットヒンジ

丁番に代わり、扉の上端と下端に取付け、上下軸を支点に開閉する金具のこと。別名『軸吊り丁番』とも言われます。
丁番と違い、金物の見える部分が小さくスマートに見えます。重量ドアに使用しても吊り下がりが少ないのが特徴。

ピボットヒンジ
ピボットヒンジ

ピボットヒンジ


オートヒンジ(丁番型、中心吊り型)

『丁番型』と『中心吊り型』があります。

『丁番型』は、上下一対の丁番型自閉機能付金物です。油圧とスプリングを利用して静かでスムーズな開閉が出来ます。上部がスプリングヒンジ、下部がダンパーヒンジとなっており、上枠のない扉、外溝扉に多く使用されています。

『中心吊り型』は、ドアに内蔵され、すっきりした美観が特徴です。耐久性に優れ防火扉に多く採用されています。

 

オートヒンジ(丁番型)

施工前

オートヒンジ(丁番型)

施工後


フランス落とし

両開き扉、または窓框に、浅く彫りこんで取り付ける金物のこと。扉や窓が閉じた状態で施錠する時に固定し、上げ落とし式の棒状の金具を用いた戸締まり金具です。

フランス落とし

フラッシュボルト

フランス落とし

フランス落とし

『フランス落とし』の他に子扉を自動で施解錠できる『自動フラッシュボルト』もございます。お問い合わせください。


錠前

カギ
古くなって動作が悪くなった際の交換などでシリンダー、
錠前をCP錠(ピッキング耐性のある錠前)にする事により
防犯性を上げることが出来ます。

箱錠

GOAL社
MXJ

箱錠

MIWA社
LAT


補助錠

ワンドアツーロックにすれば防犯性がUP
更にCP錠を採用することにより、対ピッキング・対サムターン回し性能がUPします。

ドルマカバ ジャパン社

箱錠

リムロック

箱錠

セーフティリムロック(CP錠)


ドアの気密材

火災の際に、扉からの煙の侵入が軽減されます。また、外からの風・雨の浸入を防ぐ働きをして気密性、遮音性が増します。

図12

 


竪枠、下枠、沓ずり
図13

 

図13

沓ずり

図13

 

図13

竪枠

外部に面した部分に関しては腐食、枠内部は爆裂などにより、扉の開閉に支障をきたす場合があります。
竪枠・下枠・沓ずりの改修、既存撤去、新規取付も承っております。


戸当たり

扉の握り玉やレバーハンドルが壁に当たらないように、床や幅木や建具自体の上の部分や上枠などに取り付ける金物。床付け、扉付き、STOP付きなど色々あります。

図14

 

図14

 

戸当たり


ガラリ

ガラリとは、一定の傾斜をつけ、少しずつ間をあけて平行に取り付けた幅の狭い薄板のことで、遮光や通風のために戸に取り付けます。
ゴミ置場など防火区画にはダンパー付きの物がご用意できます。

図15

 

図15

 

ガラリ戸


その他

ステンレス、アルミのパンチング加工、エッチングなどの施工も可能です。

写真21

アルミパンチング

写真21

アルミ框扉

マンション外溝門扉など


スライディングクローザー

戸先に取付けている引き込みバネで扉を引っ張り、制動装置にてブレーキをかけて扉を自閉させます。
木、アルミ、スチール、ステン、と扉重量10kgから120kgまで対応幅がございます。
また、浴室用のクローザーもあり、環境に合ったクローザーを推奨させていただきます。
廃盤商品に対してのお取り扱いも行っております。ぜひ一度ご相談ください。

図16
図16

 

PAGE TOP