ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

ブログ

2018.08.28
Kaba drive(電動錠ユニット)を一般住宅に取り付ける

Kaba drive(電動錠ユニット)を一般住宅に取付る
電動錠というとどんなイメージがありますか?

 

弊社では、スイス銀行にも使われている
精密機器と防犯立国として有名なスイスで生まれた
信頼性の高い電動錠Kaba driveの取り付けも行っています

 

『安心!安全!便利!』で有名なKaba driveは
リチウム電池で駆動します

 

開錠方法は
・PINコード
・各種ICカード
(各種ICカード、交通系ICカードも使用可)
・リモコンによる遠隔操作
・鍵による直接及びかざしての開錠
と色々な方法があります

 

このような多彩な機能を持つ為
電動錠として最近人気が出ているKaba drive

 

先日、一般住宅の玄関ドアに
この鍵の取付をしてまいりましたので
その時の様子をお伝えしたいと思います

 

施工前のドアの様子

 

鍵部分

 

Kaba drive施工後のドアの前側

ユニットの大きさがコンパクトなので
ドアのデザインを損なうことなく

綺麗な仕上がりとなっています

 

Kaba drive施工後のドアの後側
カード等を近づけると
上下同時に開錠できます

 

ドアの外側の“フロントリーダー”部分

 

ドアの内側“バックドライブ”部分

 

 

Kaba driveユニットの取り付けをお考えの方
丁寧で美しい仕上がりに自信のある弊社に
是非ご連絡ください!!

***DOOR&WINDOW*************
 扉と窓のことなら

 あなたの“困った”を解決します

 東京都江東区森下1-9-9
 TEL 03-5600-5238 
 FAX 03-5600-5239
******************************

2018.08.21
東京都の「公共工事」も多数受注しています

㈱ハセガワでは日々
オフィスビルや住宅の
窓とドアのお困りごとを解決しております

 

それら工事と並行して
東京都の入札工事も行っております

 

例えば昨年~今年にかけて

・江東区東砂スポーツセンターの自動火災報知設備取替工事


・JKK(住宅供給公社)のアルミ手摺工事

等を手掛けました

 

このような公共工事の受注の為に必要なのは
『入札参加資格審査』です

 

公共工事の入札に参加したいと考える企業は
国や都道府県、市町村等の地方自治体が、
希望する企業を
予め競争入札に参加する契約対象者として
要件を満たすかどうかを審査することを言います

 

審査される内容は
1.建設業許可を受けていること
2.経営事項審査を受けていること
3.各種税金に未納がないこと
4.欠格要件に該当しないこと
等になります

この審査を経てパスした企業だけが
公共事業の入札資格を得ることができるのです

 

㈱ハセガワではこの審査を毎年受けて
公共工事を手掛けております

 

少数精鋭ながら
正社員に各種技術があるので
通常の扉や窓の工事と同様
公共工事のような大きな工事で
段取りや工程管理の複雑で
難しい案件にも対処できます

 

㈱ハセガワに安心して工事をお任せください
ご連絡をお待ちしております!

2018.06.05
ドレーキップ窓の止水性能向上工事

ゴールデンウィークが終わったらあっという間に、6月梅雨の季節になります。

この時期の外部防水工事はなるべく避けたいですね!

漏水している窓があるので見てほしい」という相談をよく受けます。

原因は様々ですが、半分以上は外壁から侵入しているケースが多く

実際外部から建物内への雨水の侵入を止めるには経験が必要です。

サッシのパッキンが劣化している場合はゴムを変えるなどして止水性能を向上いたします。

 

ゴムが劣化していると下の写真のように雨水が侵入してしまうケースも…

また、雨水が原因で窓回りが腐食してしまうこともあります。

下の写真は、経年劣化の為ゴムが歪んでしまったり、

擦り減りや変形をしてしまっています…

このように劣化している場合は新規取付をしてみてはいかがでしょうか。

 

下の写真は新規取付をしたものです。

施工前と比べてもわかるように、見違えるようにまりました!

 

シールなどを打ち替えれば止める安易なケースもありますが、止まらずに他に迂回し別部分で漏水する例もございます。

絶対に漏水を止めると断言はできませんが、起きる状況、環境、部位などをリサーチし止めるための努力を最大限に行います。

いつでも(株)ハセガワへご相談ください!

2018.04.20
塗装もお任せください!

 

今回は、塗装についてご紹介します!

 

先日、本社事務所のシャッター及び看板を、弊社の職人が塗り直しました。

 

 

まず、施工前を見てみましょう。

雨のシミサビが目立ち、全体的に暗い印象になっています…

 

 

 

 

施工後はどうでしょうか。

施工前と違い、全体的に明るく以前とは見違えるようになりました!

  

 

 

事務所・家の”外観”は、最も多くの人に見られる部分です。
会社に招いたゲストだけでなく、道ゆく全ての人の目に映ります。
第一印象を決める最大のポイントといっても良いですね。

 

塗装工事をお考えの方は、弊社に一度ご相談ください!

 

また、弊社では4月から体育館フローリング床研磨塗装及び塗装工事を再開いたしました。

こちらも、お気軽にご相談ください。

 

 

 

2018.02.13
防火設備の定期検査でお困りの方へ

平成28年より施行されている防火設備点検において不具合等でている扉はございませんでしょうか?

 

症状

※扉が最後までキッチリ閉まらない
※扉の閉まる速度が速い
※煙感知器にて火災信号を受信した後も扉が閉鎖しない
※自動閉鎖装置(クローザー)に温度ヒューズが取付してある扉
※2枚折れの防火戸において扉が固定されない

など扉の不具合にも様々な症状があります。

 

 

【動作確認前】          【動作確認後】※最後まで閉まらない  

   

 

【動作確認前】          【動作確認後】

   

 

 

これらの症状におきまして弊社の熟練したスタッフが不具合部分を診断し、

不具合の程度に合わせた修繕案をご提案いたします。

 

最悪の場合は扉を交換することもございますが、修繕に関しては極力お金をかけずにご予算に合わせた形でお客様と御打合せいたします。

メーカー様、エンドユーザー様、管理組合様、消防設備点検業者様など多数のご依頼を承っております。

防火戸の不具合に関してご相談いただければ迅速にご対応可能です。

 

 

 

PAGE TOP