ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. “窓の健康診断”をしてきました

ブログ

2021.04.05
“窓の健康診断”をしてきました

コロナウィルスの感染者数が再び上昇しています

私たちが出来る基本的な対策を

日々忠実に実践してくことが

私達の健康を守る盾となると信じています

 

 

この様な状況でオフィスのお引越しが数多くみられる昨今

お引っ越し後のフロアリニューアルに合わせて

“窓の健康診断”をお考えになりませんか?

 

 

*弊社HPでご紹介している“窓の健康診断”ですが

 現在、様々なビルからの“窓の健康診断”を実施しております

“窓の健康診断”から“修繕工事”へ

 

 

 

今回ご紹介するこちらのビルの場合は

オフィステナント様の退去に合わせて

フロアリニューアルが終えられたばかりで

該当フロアの“健康診断”を実施致しましたが

併せて、他のフロアも“健康診断”を実施する事となり

「ビル全体の窓状況」を診断致しました

 

 

フロアリニューアル後なので

窓前に什器がありません

 

窓を全開にする事が出来るので

細部までの診断が可能となっております

 

 

ハンドルの動きの悪い箇所を発見

 

カバーを外して部品の動きを検証します

 

部品の欠けを発見

 

今回の“健康診断”の結果

ビル全体の不良数を掴む事が出来て

今後の修繕計画を立てる事につながりました

 

***************************************************

 

特殊サッシの工事を実施する場合は

   ①作業に支障のある窓前の什器がないこと

   ②部品交換等の作業をするための窓を寝かせる広さ

といった条件が必要となります

 

※窓前にスペースの必要性について

 ご紹介しているページも併せてご覧ください

◆“大型サッシ工事”の際の【スペース】について◆ 

 

 

 

先ほどご紹介した様に

テナント様が退去されたタイミングですと

窓前に置かれていた什器がないので

十分なスペースを確保する必要がある特殊サッシの

最適な状態で点検・調整を実施する事が出来ます

 

 

また今回の様に、すでにテナント様がおられる場合でも

窓前の什器のご移動をお願いできる場合は

“健康診断”が実施可能となります

 

 

窓の異常の「早期発見」により

適切な処置を行えば

放置による「症状の悪化」に伴う全体的な修繕の実施につながり

高額な出費を伴う事態を回避する事が出来ます

 

***************************************************************

「テナント様がおられ、

 窓前の状況が「こんな感じ」ですが

 “健康診断”は可能でしょうか?」

といったお問合せもございます

お客様のニーズに合わせて様々なパターンでの実施が可能です

 

 

早めの「手当」により

お客様の快適な「窓環境」をお約束いたします

是非“窓の健康診断”をお考え下さい!

 

PAGE TOP